アクセスカウンタ

<<  2010年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


奈良へ行こう!

2010/05/01 07:34
皆様、ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?
特に関西方面にお住まいで、遠出の予定を立てていらっしゃらない方、奈良の「平城遷都1300年祭」などいかがですか?
奈良ファンとしては、こんなに世間的に奈良が注目されることってフツーないもので、うれしいようなムズムズするような……。本屋でもいつも京都のコーナーの隅っこに申し訳程度についてくるような存在の奈良なのに、奈良の本がデンデン!京都がチョコっ、なんて様子を見るとムニ〜〜っとしてしまいます。いえ、別に京都に恨みはありませぬ。京都検定3級もってますもん(笑)でも、経験的に「奈良と京都のどこが違うの?」という人多数みたいな感じですので、この際奈良の魅力も知っていただきたい!

ってなことで、先週「平城遷都1300年祭」の平城宮跡会場がオープンした初日に早速行ってまいりました!!
……ニュースとか見ててもこの「平城宮跡会場」という言い方が気になるんですけど、確かにお祭りの会場ではありますが、平城宮跡そのもの! 実際平城宮があったその場所そのものである!というのが大事なんです。

その日は午前中お稽古だったので、昼過ぎに新幹線に飛び乗り、気がはやるのでフンパツして普段あまり乗らない近鉄特急に乗り西大寺駅へ。この西大寺駅に「エキナカ」がオーブンしていることにビックリ! その奥に展望デッキまであって、平城宮跡とは逆側だし何が見えるのかと思いきや、京都と大阪の両方からくる電車の合流点、鉄ちゃん向けデッキだったのでありました。……オモシロソウと密かに思ってしまう(汗)
西大寺駅南口から無料のシャトルバスでいざ会場へ(北口から歩いてもそうかわらない気もするけど)。真新しいピッカピカのバスが「始まるんだな〜」という気分にしてくれます。

有料の歴史館とか、パビリオンみたいなものもあるようで、いずれはそういうところも入りたいと思いますけど、とにかくこの日の目的は復元された大極殿です。「さらら紀行」に2003年に平城宮跡へ行ったときのことが書いてありますが、このときには工事ははじまっていたけれど建物はまだ全く姿を見せておりません。これよりずっと前からここへは来ているし、「2010年に大極殿を復元するんだって〜」「そのときまで生きていられるのかな〜」なんて会話を夫婦でしていたものです。それに工事の途中経過を一般公開してくれる日というのが何回かあって、3回くらい途中を見てるんです。まだ色が入ってない状態のときとか、瓦が乗ってない状態のときとか。そうやって見守ってきて、いよいよ完成したわけです。広〜い平城宮跡を南から歩いてだんだん大極殿に近づいていく、そのドキドキ感ときたら……!!

画像


覆屋がかかった状態ではわからなかった、基壇の高さの感じがグッドです!!
いよいよ中に入ります。

画像


「本当に出来たんだね〜」「生きててよかったね〜」「事業仕分け前に出来上がってよかったね〜」と夫婦そろって涙ぐみました。こういうものを税金のムダと考える方もいるでしょうが、私たちに言わせれば「よし!税金払ってやる!」という気にさせてくれます。
この大極殿中央にデン!とあるのが天皇がお座りになった高御座(たかみくら)。

画像


座ってみたいもんですね〜。
平城宮のこの第一次大極殿に君臨した天皇は元明、元正、聖武だけと思われますから、この椅子に座った3人のうち2人は女性なのです。

で、この日特に感動したのがこちら。高御座からは見れないから、その前、大極殿中央から平城宮を見てみる。

画像


奈良検定でとってもお世話になっている来村先生が、昨日まで放送していたBS2の奈良番組(レポーターの一人が瀬川くんだったのでいつ「武者震いするのう!」と言ってくれるかと期待してたんですが……言うわけないか(汗))のサイトでこの場所について「すわり心地がいい」と表現されているのですが、う〜ん、まさにそんな感じ!
お祭り初日のわりには人が少ないと思います? なにせだだっ広いのです。限られた施設に行列する方はともかく、どんなに押し寄せてもギューギューにはなりません。この広さ、おおらかさが奈良の魅力です。平安宮の大極殿跡なんてとっくに町になっちゃってますから、こういうわけにはいきません。

そして首を左に、東側のほうを見ると、平城宮では外京といわれる、現在の奈良市街が見えます。

画像


左側に東大寺の大仏殿が見えてます。中央が奈良県庁。右の木のすぐ左に興福寺の五重塔も見えてるんですが、この写真ではわかりにくいですね。

憧れの天平衣装をレンタルで着て平城宮跡を歩ける、というのもあるんですが、衣装のデザインが意外に地味だったので(汗)、今回はパス。最近ハデなものを着慣れているせいかな……。

でもって、このあと、アヤシイと思っていたアレ、やっぱり……で見つけました。

画像


年末年始に見た場所と同じ、近鉄電車の扉の上。前のが同じスペースで全身写真だったから、あれじゃあ知らない人は内野さんだと判別できない感じでしたが、今度のは大丈夫……だけど、どう見ても倉石さんにも龍馬さんにも見えませんもんね。結局どのくらいの人がわかってくれるかしら。

というわけで、先週末は生きる喜び全開!!(笑)
ゴールデンウィークにでも、そのあとでもいいですから、この機会に是非奈良へおでかけください。といっても、特別な奈良ではなくて、いつもの奈良、仏像でも建築でも古墳でも前からずっと奈良にあるものを見てくださればいいんです。それが奈良の自慢なんですから!

さて、私のゴールデンウィークは。
よりによってこの最中にフラの発表会があるもんですから、これが終らないと落ち着きません。今日もこんな朝から……そう、深夜でなくて、朝、落ち着かないから起きてしまって、こんなことしてるんです。そんなヒマあったら踊る練習でもしてたら、と自分で思うのですが、早朝からバタバタ踊ってるのもダンナにメイワクでしょうしねぇ。
あんなにお稽古お稽古の日々だったのに、いざとなると全然足りない気がするんです。これで本番迎えていいのだろうか?と不安です。舞台に立つことには慣れるどころかだんだん怖くなります。特に発表会はコンペと違って何曲も踊るので、そのときそのときにその曲にいかに集中できるか、です。お稽古中でもちょっと神経がヨソへ行くと、すぐに間違えたりします。緊張した本番でどうなることやら……。
でも、次の発表会まで踊っているとは限らないし、この私が舞台で踊れること自体夢のような話なんだから、楽しまなきゃソンなんですよね。
いざ、出陣です。
お忙しい中わざわざ見に来てくださる皆様、どうか暖かい目で見守ってやってくださいませね。よろしくお願いいたします。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年5月のブログ記事  >> 

トップへ

チカゴロの呉女 2010年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる