チカゴロの呉女

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良の花便り

<<   作成日時 : 2009/03/31 08:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日からBShiで「風林火山」の再放送がはじまるんですね。夕方6時というのは毎回見れる時間でないのが悩ましい……。現に今日もムリ。録画してもまた録画だらけになるしなあ。でも、また再放送があるというだけで嬉しいです。

発表会が終ってほっこりしたところで、旅に出ていました。いつもの関西帰省ですが途中からダンナは義母と温泉へ。そちらは親子水入らずにして、私は久々の一人旅。奈良へ行ってました。
奈良リピーターの私も、奈良で桜を見たことはないので、今年は見れるかと楽しみにしていたけれど、一昨日の時点で奈良公園の桜は見ごろにはまだまだ。唯一咲いていたのは、奈良公園で一番早く咲くことで知られる、氷室神社のしだれ桜。ただし、バスに乗って前を通過するときに見ただけなので、ほんとうにチラッと。

画像


バスに乗って私が向かった先は奈良公園のはずれの高台にある白毫寺。
桜がまだだということは……椿なら咲いているかも! と白毫寺の五色椿を見に行ってみたのです。
そしたら、盛りは過ぎていたと思われますが、咲いていました!!

画像


画像


画像


この白毫寺「五色椿」は奈良県の天然記念物にも指定されている名木で、大和三名椿の一つなんですよ。(あと二つは東大寺開山堂の「糊こぼし」と、わりと街中にある伝香寺の「散り椿」)。私はまだどれも見たことがなかったから、感激でした〜。

この白毫寺を訪ねるのは二度目。しかも20年ぶり!!
その20年前というのは会社の研修で奈良へ行ったときに、グループ行動してなきゃいけないのに当時から奈良好きだった私は勝手に単独行動をしまして(汗)、一人で訪ねたのです。そのときはもっとさびしい道を歩いていったような気がするんだけれど……。それに平日の夕方で境内には他に誰もいなくて、本堂裏の収蔵庫に入ると迫力あるお顔をなさった閻魔さま! ワルイことをしてる後ろめたさも手伝ってか「ギャ〜〜〜っ!」と叫びたくなるくらいコワかった……(一応弁解しておくと、このときの研修そのものはマジメにやって大成果をあげすぎ、そのためにその後の自分の仕事をやたら忙しくしてしまった、という若き日の思い出のひとつでして、遊んでいただけではないのです〜)。
多分、そのせいで、この寺から一望できる景色のすばらしさなど、記憶になかったのです。

画像


正面が生駒山。この写真ではわからないけれど、右手のほうには平城宮跡や興福寺の五重塔も見えるんです。
天気もよくて、最高〜〜! ちょっと寒かったですけれどね。


実は、三ヶ月間こちらを冬眠していた間に、踊る以外にやったことがもう一つ。奈良検定。
3年ほど前、京都検定三級に受かった話は前のプログに書いたことあるんですが、確かちょうどその頃、奈良検定も創設されて、「奈良派」の私は早々にテキストだけは購入していたのです。でも「今年は風林火山で忙しいし」「今年はフラで忙しいし」……なんて言ってるうちにテキストは開くこともないまま時は過ぎ……。
昨年11月。フラのコンペが終わり、「私生活」観劇で大阪に行って、奈良と大阪を行ったり来たりしていたあのときに、奈良検定の要項を駅で見つけ、思い出したのです。試験は1月。ただでさえ主婦業をサボっていたところに、暮れの忙しいときにわざわざ試験など……としばらくは悩みましたが、ナニが忙しい、カニが忙しいなどと言っていたら、いつまでたっても受けられない。今回から奈良検定の初級である二級は東京でも受験できるということだったので、とりあえず受けてみるか、と一大決心。およそ一ヶ月、極力通勤時間中を利用してのにわか勉強の末迎えた受験当日、東京会場にはあの「せんとくん」も応援にきてくれて、握手しちゃいました(意外とかわいかった!(笑))
そのご利益があったのか、2月下旬に合格通知がきました。にわか勉強にしては高得点でした。私ってハワイ語の歌詞はなかなか覚えられないのに、こういうことはまだ覚えられるんだわ〜、と感心したものの、覚えたことを忘れるのもまた得意! すでにかなりを忘れてしまっている……(汗)
テキストを読んで発見したことには、私の知らない奈良がいっぱいある!! それは京都以上でした。京都の出題範囲が比較的京都市内に偏っているのに比べ、奈良は県全域に名所が散らばっています。私って奈良や明日香が大好きでリピートしてるけど、空気を吸うだけで満足しちゃって、ついつい同じところばかりを訪ねてしまう。それでほとんど行ったことのない地域、私の知らない場所があまりにいっぱいあることに大ショック! 二級はとりあえず基礎問題だし(それでも一般的にはかなりマニアックなんだと思う)、時代としては得意の奈良時代からの出題が多いからなんとかなったけれど、来年一級をめざすにはこれではいけない。行ったことのないところのことって、覚えようとしても記憶に残らないのです。
そういう意味では地元でない人がこういうご当地検定を受けるのはゼッタイ不利なんです。でもせっかくですからこの機会に、もう一度奈良を見つめ、いろんなこと……たとえば仏像のこととか建築のこととか古墳のこととか……を勉強しなおして、大好きな奈良をキワメたい!! ついでにテキストに載ってるようなところは片っ端から訪ねちゃいたい!!という欲望が沸いてきまして……。

ということで、今年は折に触れ機会をとらえて、貪欲に奈良を巡ろうというのが、私の一つのテーマ。そして、こういうところに書くということが、記憶に残すための有効な作業なので(たとえば「さらら紀行」のほうにかつて「お水取り」について書いたりしましたが、あのときずいぶん勉強したお蔭で、お水取りについては今だに得意だったりしますし、そういうところを残しておきたいがために、更新できないのに消しちゃう決心もつかないんです)、できる限り行ったところのことは書いておこうと……今のところは思っているんです(予定は未定)

とは言え、よそモノである上に、交通の便がよいとはいえない奈良において車の運転ができないから頼りは公共機関と自分足のみ(そのうちダンナの協力も依頼しますが)。今の時点では知らないことも多すぎて、奈良検定を受検する方がたまたま来てくださっても、参考になったりはしないと思いますが、逆に地元の方とかに教えていただけることとかがあれば、是非よろしくお願いしたいっ!と思っているところです。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
奈良の花便り チカゴロの呉女/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる